カミソリでワキ脱毛すると黒ずみになる理由とは?

カミソリでワキ脱毛すると黒ずみになる理由とは?

普段ワキ脱毛をカミソリで行っている方、脇に黒ずみができていませんか?
黒ずみの原因は色素沈着です。

 

どうして、色素沈着ができてしまうか?というと、脇にカミソリの刃が刺激となるからです。
人間の肌は、思いもしない刺激を受けると、それを保護しようしメラニン色素を分泌します。

 

紫外線を浴びた肌が日焼けするのもメラニン色素の影響ですが、ワキ脱毛の時も同じことが起こると行っても良いでしょう。
ワキ脱毛の場合、黒ずみだけではなく、肌が硬くなったり、ブツブツができるというのも、すべて肌保護のためのものです。

 

 

そこで、黒ずみを防止するためには、カミソリを使わない方法でムダ毛ケアをすることがベストですが、どうしてもカミソリを使いたい方は、工夫をしてみましょう。

 

カミソリの使い方の工夫

・肌に優しい物を使う
・脱毛後に、化粧水やクリームを付けるスキンケアをする
・脱毛クリームなどで刺激を与えない
などすることで、肌に刺激を与えない方法はあります。

 

身体の黒ずみに良いクリームなどが市販されていて、きちんとスキンケアをすることで、ワキの肌はとてもキレイになります。

 

 

脇の黒ずみがないのは、やはり脱毛サロン

そして、究極の方法としては、脱毛サロンなどで、施術を受けることです。
そうすることで、自己処理を減らすことができ、肌の黒ずみがなくなります。

 

脱毛サロンでの施術は、永久脱毛ではないので、自己処理は必要になりますが、その回数は減っていきますし、毛も大した生えてきません。

 

一度できた黒ずみは、短期間でキレイになるものではなく、スキンケアだけでは良くなりません。
肌再生を促進するため、規則正しい生活習慣を付ける、運動などをして老廃物を溜めないなどの工夫も必要です。

 

まじまじと脇を観察することは少ないですが、カミソリでワキ脱毛をしている方は、一度チェックをしてみて、その後のケアの仕方を考えてみてください。
普段こすれることが多い脇は、脱毛の時だけではなく、刺激を受けやすいので、少し黒ずんでいるという方もいますが、正しいケアをすることで、肌は蘇ります。